保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2018.09.14

転職で後悔してしまう人の特徴と失敗しないための解決法とは

転職 後悔

転職はそう何度もするものではありません。

しかし、それをわかっていても耐えきれずさまざまな理由で、転職を考えてしまう人は非常に多いのではないでしょうか。

なぜそのようなことがおきてしまうのか。

それは、面接と入社時のギャップが生まれてしまうからです。

入社してはじめて環境を知ってしまうのは、防ぎようがありません。

そこで、転職で後悔してしまう人に共通していえることと、失敗しないための解決法をレクチャーします。

ぜひ参考にしてみてください。

転職して後悔してしまう理由とは

せっかく頑張って面接対策をして少ない枠を勝ち取ったにもかかわらず、入社まもなく退職したいなんて考える人があとを絶ちません。

とはいえ、いちど入社してしまうとすぐに退職するというのは、世間的にみても印象がわるいといえます。

また、職歴に傷がついてしまうため、次の転職活動がさらに難しくなってしまいます。

そもそも、なぜ転職して後悔することになってしまうのでしょうか。

待遇がかわってしまった

採用されたいという気持ちがあるため、面接ではなかなか待遇のことを聞きづらいことでしょう。

求人票に記載されていたことをうのみにして、入社したらまったく待遇が違ったなんてことにも。

大丈夫と勝手におもわず、面接で質問するのが難しいようであれば入社が決定してからすぐにあらためて確認しておきましょう。

覚えることが多すぎてついていけない

基本的に、同業種や同職種に転職すれば、前職の経験をフルに活かせることでしょう。

しかし、まったく別なジャンルに飛び込む場合、勢いだけではどうにもならないことがあります。

仕事のひとつひとつが新しいことですし、覚えることがいっぱいでついていくことができない、なんてことにも。

もし、異業種・異職種から飛び込んでくるのであれば、事前にしっかりその業界について調べておきましょう。

そして、完全に納得したうえで転職することをおすすめします。

人間関係がよくない

どこかに属して仕事をするということは、絶対に人と接します。

それは、大きな組織になればなるほど人が増え、自分とは合わない人間にあたる確率も大きくなってきます。

また、いちから人間関係をつくっていくということもあり、最初の1カ月くらいは結構大変な目にあうことでしょう。

ですが、先輩や上司から話しかけられるのを待つのではなく、自分自身から積極的に話しかけ、関係を築きあげていくんだという気持ちでいることが重要です。

動労時間が長くなった

求人票では残業なしと記載があったのにもかかわらず、いざ入社してみると残業の嵐だったなんて経験がある人は多いのではないでしょうか。

そのため、面接で質問しておくことが重要です。

ただ、そのままストレートに質問してしまっては、印象が悪くなってしまいます。

もし残業が常態化しているところであれば、さらにタブーな質問です。

そこで、聞き方をすこしかえるだけでも、ずいぶん違います。

たとえば、前職では1カ月に平均で〇〇時間、多忙な時期には〇〇時間程度の残業をしていました。

ちなみに、園の平均的な残業時間はどれくらいでしょうか。

など、前職ではこれくらい残業していましたという前置きをしておくだけでも、質問の意図が違ってきますし、悪い印象をもたれることも少ないでしょう。

ただ、その場の空気を読んでこのような質問をしましょう。

前職に戻りたいと思ったら

かならずしも転職したことによって、すべてがよくなるわけではありません。

年収がさがる人もいれば、あがる人だっています。

なにかしらの条件が悪くなった人もいることでしょう。

でも、なにか前職で原因があったから悩みぬいた末に転職をしたのではないでしょうか。

転職したてのころは、新しい園のことは何も知りませんし、不安なこともあるため、どうしても前職と比べてしまいがちです。

そして不安なまま毎日を過ごすことになります。

これは転職を経験した誰しもが体験するもの。

このように考えるだけでも、自分だけではないんだと思えますし前へ進めます。

それができたらまずは1カ月、環境に慣れることからはじめそして3カ月、半年とがんばってみましょう。

仕事を覚え環境に慣れてきたころには、自分自身が活躍し充実した毎日を過ごしているに違いありません。

求人情報をあてにしすぎている

常識で考えると、求人情報にはすべて本当のことを書いているにちがいないと思ってしまいます。

ですが、多くの求人票は表面だけよくみせているというのが現状です。

記載されている給与や賞与などはあくまで目安なため、自分自身にあてはまらないことも。

いざ仕事をはじめて、「あれ?何か求人内容と違う・・・。」なんて思いながら働き続けるのは、いたたまれません。

WEBの情報や紙媒体のたったページ1枚だけをみて、信じ切ってしまうのはあとあと後悔することでしょう。

調査をしていないことも原因

転職をする際には、その園のことを徹底的にしらべるはずです。

それは、興味があればあるほど調べるものですが、まったくなにもせずに転職活動をしてしまう人がいるのも事実です。

なんとなくこの仕事が向いてそうとか、楽そうだから、なんて考えているといざ転職したあとで、後悔してすぐに退職したい衝動にかられてしまうことでしょう。

最低限、園のホームページをはしからはしまでチェックしておくだけでも、ぜんぜん変わってきます。

転職で絶対に後悔しないためにやっておくべきこと

転職活動で絶対に後悔しない方法はいくつかあります。

ひたすら納得いくまで面接をうけまくるのもアリですが、いつかは面接を受けるところがなくなってしまうこともあるでしょう。

また、それには膨大な時間と労力を要するためおすすめしません。

そこで、もっとも安心できることが転職エージェントを利用することです。

転職を10回も20回もしているのであれば、その道のプロといえますが、そこまで気合の入った人はそういません。

そこで、転職支援をメインに行っているエージェントにお願いすれば、仕事探しから園とのやりとりなど、すべてサポートしてくれます。

在職中ですと、なかなか転職活動に時間がさけないもの。

退職日に間に合わず、あわてて転職活動を終わらせてしまうこともあるでしょう。

ですが、あらかじめ転職エージェントと電話面談をしておけば、自分にピッタリな求人を仕事中であっても探してくれ常に提案してくれます。

まさに、一石二鳥といもいえるシステムが転職エージェントというわけです。

また、面接では聞きづらい条件や待遇なども、転職エージェント経由で聞くことができるためおおきなメリットといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職回数が多くなればなるほど、あとあと自分の首をしめてしまうようなものです。

ヘタに転職して後悔するのではなく、プロの転職エージェントに頼ることで確実に理想の園がみつかることでしょう。

保育のせかいでは、就職・転職に関するさまざまなサポートを行っております。

みなさんが、保育のせかいで転職してよかったと思えるように、全力で取り組んでまいります。

また、保育のせかいに登録される人は「気軽に話をきいてみよう」というようなスタンスでこられているケースもすくなくありません。

それくらい肩の力をぬかれても問題ないということです。

もちろん、転職に関する情報収集をしていただくだけでも、大歓迎です。

どうぞお気軽にお問合せください。

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

藤白台保育園|吹田市【法人独自の奨学金制度でキャリアアップを目指す!賞与4ヶ月分と高めの認可保育園♪】

年休120日超賞与高め福利厚生充実退職金制度

ふたば未来園|大阪市淀川区【学生アルバイト積極採用中!】

年休120日超高時給時短・扶養内住宅補助あり

神戸ゆたか園 もとまち保育園|神戸市中央区【土曜出勤3週に1回程度!県庁前駅が最寄の小規模保育園♪】

月給20万円超高時給住宅補助あり駅近

西大和保育園|北葛城郡【お子様を預けながらの勤務OK!】

月給20万円超駅近新卒歓迎残業ほぼ無し

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 環境
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 赤ちゃん 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 子育て したくない
  16. 保育ニュース
  17. 保育士 移動
  18. 保育士 ユニクロ

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人