保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2023.05.18

保育士は40代からでも目指せる?正社員やパートで働けるのかを解説!

保育士40代

人生経験が豊富な40代に入ってから、保育士を目指したいと思う人もいるはずです。

子育ての経験者も多いので、保育士の仕事に活かすことができる気がしますよね。

保育業界では、アルバイト・派遣・パート・契約社員など正社員以外の雇用形態を選択できるところも増えています。

40代の未経験でも求人募集を行っている保育園や保育施設もあるので、チャレンジしないで諦める必要はありません。

今回は、40代からでも保育士を目指せるのかやパート・正社員のリアルな悩みと、活躍するなら転職エージェントがおすすめなことなどについて解説していきます。

40代でも保育士になれるの?

保育士になるためには、年齢を気にするよりもまず保育士試験に合格して国家資格の取得が必須です。

保育士資格を持っていながら資格を活かして働いていない、潜在保育士もたくさんいますから保育業界では人手不足に陥っている状況です。

そして、40代で保育士を目指す人達が増えていくことは、保育業界では疎ましく思われずむしろ歓迎されるでしょう。

40代ともなれば、人生経験も豊富で育児を経験している人が多いため、保育業界では活躍しやすいという理由があるからです。

自分よりも年下の保育士と一緒に働くことになるケースが多いので、プライドが高すぎると職場の人間関係がギクシャクしてしまう可能性があるので注意が必要です。

40代でさらに保育士未経験でも働けるチャンスが来たら、謙虚な姿勢で仕事をするように心掛けることが大切です。

40代が保育士になる方法は?

保育士という職業は、日本の将来を背負う子ども達をサポートする役割がありますし、社会貢献活動にも繋がるので尊い仕事です。

40代から保育士を目指しても、とてもやりがいがある仕事でしょう。

40代が保育士になる方法は「職業訓練校を活用・保育士試験を受ける・養成施設を活用」などがあります。

職業訓練校を活用

前職の時に雇用保険に加入している人は、離職したら給付金を貰いながらハローワークの職業訓練校に入学して、保育士を目指す方法があります。

職業訓練校では、色々な職業を目指すための訓練が行われており保育士を目指すなら「保育士養成科」を卒業して、短大・専門学校に通って保育士資格の取得が可能です。

ハローワークが行っている職業訓練校は、授業料が無料になるのでできるだけ費用を抑えたい人におすすめです。

ただし、勉強に必要なテキスト代や実習費は合計で数十万円位かかるので、完全無料というわけではありません。

40代でも保育士を目指して職業訓練校に通う人はいますし、年下や年上の生徒と出会う可能性もあるのでジェネレーションギャップを感じるかもしれませんが、同じ志をもつ仲間と一緒に学ぶことができます。

保育士試験を受ける

40代の人が保育士を目指す方法として、独学や通信講座などを受講して国が実施している保育士試験を受験して保育士資格を取得する方法があります。

保育士試験は、基本的に1年間に2回実施されていて合格するためには筆記試験・実技試験の両方を6割以上の点数が必要です。

短大・専門学校・4年制大学などの学校に通わないので、学費を考える必要がありませんし働きながらでも保育士を目指せます。

独学や通信講座で、保育士になるための勉強を続けられるのでマイペースで学ぶことができますが、学校のように仲間がそばにいないので自分一人でモチベーションを維持していかなければいけません。

40代の年代ともなると、社会人経験が長い人ほど自己管理が上手いはずですが、孤独に強くなければ保育士試験に合格するのは難しいでしょう。

養成施設を活用

保育士になるための王道ルートとして、保育士養成施設の活用があります。

保育士養成施設は、都道府県知事が認める「短大・専門学校・4年制大学」などの学校で、所定の科目・課程を学んで卒業と同時に保育士資格が貰えるところです。

40代で学校に通うのは、恥ずかしいと思う人もいるのではないでしょうか。

人は何歳になっても学ぶことは遅くはありません。

確かに、保育士養成施設に通う生徒は若い世代が多いですが40代でも入学して、一生懸命に勉強している人もいます。

ですので、年齢を重ねているからと言って何も恥じる必要はないです。

 

保育士に関連する記事はこちら⇒保育士はやりがいを感じられる?私生活とのメリハリが大切な理由とは

40代でも保育士の正社員やパートの求人はどれくらいあるの?

保育士の求人募集は、一部の保育園や保育施設では年齢制限を設けていますが、年齢制限が無いところも多いです。

保育業界は人手不足の傾向があるため、40代の未経験であっても積極的な採用を行っています。

給料や福利厚生の充実を考えるなら、正社員として働きたいと思っている40代は多いでしょう。

保育業界の間口は広いと言っても、就職や転職は若い世代の人達と競争になるので正社員に拘っていると、なかなか決まらず負のループに陥ってしまう恐れもあります。

保育士の未経験者を歓迎する求人募集はたくさんでており、40代の人は正社員以外の雇用形態で応募すると採用率が高い傾向があります。

その他には、保育園や保育施設のオープニングスタッフに応募すると、スタートラインが全員同じですから40代だから若い世代の人達と上手くやっていく自信が無いという人でも上下関係を気にせずに始められて安心です。

40代の新人保育士のリアルな悩みとは

40代で新人保育士として働くことになっても、未経験やブランクがあったら不安になる人は多いでしょう。

40代で保育士をしている人の多くが色々な悩みを抱えています。

職場では、20代の保育士ばかりが働いている現状があるため、年下から指示されたくなかったり、会話が合わなかったりして若い保育士と馴染めない人がいます。

保育士のメイン業務は、子どもの身の回りの世話をすることなので、元気いっぱいの子どもと触れ合うのはとても体力を使い大変です。

年齢を重ねるに連れて、どうしても体力は低下していきますから40代の保育士は、若い頃と同じように身体が動かないという悩みをもっている人もいます。

若い世代の人達と比べて、40代になると経験値がたくさんあるので、仕事に取り組むことに対して何らかの癖がついていたり、固定観念があったりして、素直に仕事を覚えるのが苦手という保育士もいます。

40代でも保育士として活躍するなら転職エージェントがおすすめ

就職や転職は、年齢が若い人ほど有利ですので40代で保育士として活躍したいと思って、働く条件を選り好みしていてはなかなか採用までたどり着かない可能性が高いです。

自分で求人情報を探す場合、人によってはどうしても色々な条件に拘ってしまいがちです。

せっかく働きたい意志があっても、時間ばかりが経過してなかなか働く場所が決まらないとモチベーションが低下して自信が無くなってしまいます。

できるだけ、時間をかけず効率が良い保育士の目指し方は転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職の専門家が詳しく説明や相談にのってくれるので、40代で保育士としてどのような条件や場所で働くのがベストなのか一緒に考えてもらいましょう。

 

40代で保育士として活躍したい!保育のせかいが求人を紹介します!

まとめ

保育士として保育園や保育施設で働いている人の多くが若者ですが、40代からでも目指す人や働いている人はたくさんいます。

保育士試験に合格して、国家資格を取得する必要がありますが、それは若い世代でも40代の人でも同じことです。

国家資格を取得するのが難しい場合であっても、保育業界で働けるので最初からハードルを高くしてチャレンジする必要はありません。

まずは、保育補助の仕事から始めてみたり、正社員に拘らずに派遣・パート・アルバイト・契約社員など色々な働き方のなかから、自分に最適なものを選択してみてはいかがでしょうか。


この記事の監修は

保育のせかい

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士)

保育士として勤務をした後、一般企業も経験しその後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

中崎町かいせい保育園|大阪市【駅から徒歩2分で通勤ラクラク♪月給21万円以上の好待遇!社宅借り上げ制度・就職お祝い金など充実の福利厚生アリ◎】

月給20万円以上時短・扶養内住宅補助あり宿舎借り上げ制度

ニチイキッズ芦屋保育園|芦屋市【完全週休二日制で年間休日120日以上!定員19名の小規模保育園♪】

年休120日以上時短・扶養内住宅補助あり駅近・通勤便利

れもんのこ南本町保育園|大阪市中央区【5日以上の連続休暇取得可能!ワークライフバランス重視の小規模保育園♪】

年休120日以上時短・扶養内新卒歓迎残業ほぼ無し

浜つばめ保育園|尼崎市【全クラス複数担任制!定員68名のアットホームな保育園♪】

月給20万円以上高時給住宅補助あり駅近・通勤便利

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 大変
  6. 子育て 環境
  7. 保育ニュース
  8. 保育ニュース
  9. 赤ちゃん 夜泣き
  10. 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て ストレス
  13. 子育て 楽しい
  14. 子育て したくない
  15. 心がけ
  16. 仕事 休む
  17. 保育士 移動

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人