保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2022.09.18

保育士は誰でもできる?その真実について迫る!

保育士誰でも

世の中には、色々な職業がありますが周りから見えている仕事風景と、実際に従事している人が見ている景色は違うことが多いです。

よく、保育士は施設内で子ども達と一緒に遊んだりしているだけの簡単な仕事で、お金が貰えて楽だろうと思われてしまうことがあります。

隣の芝生は青く見えるという言葉があるように、自分の生活が充実していないと他人の仕事内容や生活環境が羨ましく思えてくるものです。

今回は、保育士は誰でもできるのかや、その理由などについて紹介していきます。

保育士は誰でもできる仕事ではない!

保育士になるためには、国家資格を取得する必要があります。

厚生労働大臣が認定する、「指定保育士養成施設」を卒業したら資格を貰うことができますが、認定外の学校であれば、卒業しても保育士資格は授与されません。

ですので、保育士試験を受験して合格する必要があります。

保育士は資格が必要

保育士が国家資格を得る手段は以下の2つです。

・指定保育士養成施設で必要な単位を取り無事に卒業する

・保育士試験に合格する

学校に通ってたくさん勉強したり、認定外学校に通ったり独学で目指している人は受験しないといけないので、誰でもできる仕事ではないことがわかりますよね。

体力仕事のため誰でもできるわけではない

保育施設では、保育士一人で何十人もの子ども達を担当しなければいけません。

つまり、預かる子ども一人に対して、保育士がマンツーマンでお世話をするわけではないのです。

好奇心旺盛な子供達は、一緒に遊んで欲しいとお願いされたりしますし、おんぶや抱っこなどもしてあげたりで体力を使います。

また、教室内でテーブル・イスなどの移動をしたり、園内行事で制作物を運んだりなど他にも体力仕事が色々あるので大変です。

子ども好きじゃないと難しい

保育士は、ただ毎日子ども達と触れ合って、ママやパパがお迎えに来たら引き渡すだけでは務まりません。

子どもがケガをしないかや、体調不良になっていないか常に気を配っていなければいけませんし、楽しく過ごしているのかなども気にします。

根っからの子ども好きじゃないと、そこまでたくさんの子供達を観察するのは難しいでしょう。

 

保育士に関連する記事はこちら⇒保育士のスケジュールはどんなの?1日の仕事内容を解説

保育士が誰でもできると言われている理由は?

そもそも、保育士に国家資格が必要だとは思っていない人も世の中にはいます。

冒頭でお伝えしたように、自身でその職業に就かない限り深くは仕事内容がわからないものですから、安易な思い込みで、どうせ楽で誰でもできる仕事だろうと思ってしまうのでしょう。

他人の職業の仕事内容を、見下したり決めつけたりするのは、自分の心の中だけに思いとどめていれば、別に他人に迷惑をかけるわけではないので問題無いです。

ですが、わざわざその職業の人や、周囲に伝えるのは迷惑千万で良い気分はしないので絶対に止めたほうが良いでしょう。

では、なぜ保育士が誰でもできる職業だと言われているのか、理由をお伝えしていきます。

給与が安い

保育業界は、少子高齢社会の影響によって子供達の人口が減っていっているので、将来的には保育施設で預かる子供の数も減ると予想されています。

ということは、今のままでは国や自治体からの助成金も減っていき、保育施設の健全な運営が難しくなるため、ダイレクトで給料に響いてくることになるのです。

そのため、働いている保育士や職員の賃金も上がりにくくなり、いつまでたっても給与が安い状態で過ごすことになります。

そして、労働環境や労働条件が折り合わずに、離職する保育士もいるので資格を持っているけれど、保育業界で働いていないという潜在保育士がたくさんいます。

ですので、現状は多くの保育施設では人手不足になっていて、保育士の給与が安いというのもあり、なかなか働き手がいないのです。

馴染みがある

子供のお世話をするのが、保育士のメイン業務ですから子育てをしている人達にとっては同じようなことをしていると思いがちです。

一般的には、子育てと保育業務は、子どもの面倒を見るということに馴染みがあるので混同されることが多いです。

ですが、保育士は園内でただ子供を遊ばせたりしているだけで務まる、気楽な職業ではありません。

何十人もの命を預かっているわけですから、事故に巻き込まれたり起こしたり、ケガやトラブルなどが起きないように常に広い視野を持ってお子様達を守っています。

園児達の年齢や、発育状況に応じてひとりひとりに保育内容を変更したり、色々な苦労を経験しながら仕事をしています。

保育士誰でもできるのまとめ

保育士の仕事は、周りから見ると子どもと毎日、触れ合っているだけでお金を貰えると思われがちですが、誰でもできるわけではありません。

国家資格を取得する必要があったり、保育に関する勉強をしないと、預かる子どもひとりひとりに最適な保育内容を実践していく必要があります。

そのため、専門知識・技術を持たない一般の素人の方が保育業務を簡単に行うことは無理でしょう。


この記事の監修は

保育のせかい 

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士) 

保育士として勤務をした後、一般企業も経験し

その後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

サルビアジュニア岡町教室 |豊中市【駅から徒歩3分でアクセス抜群◎月給22万円以上・休暇多めの好待遇♪】

年休120日以上月給20万円以上駅近・通勤便利マイカー通勤可

レイモンドおひさま保育園(みてじま分園)|大阪市西淀川区【休日重視or給料重視で自分に合った働き方が実現!】

年休120日以上時短・扶養内管理職求人新卒歓迎

きらら保育園もずルーム|堺市北区【賞与は年3回&2年目以降は給付額アップの好待遇◎子供に寄り添った丁寧な保育が出来る企業主導型保育園♪】

新卒歓迎賞与高め残業ほぼ無し小規模保育園

TAMランド 野路こども園|滋賀県草津市【定員増加による募集!非常勤(パート)求人】

時短・扶養内駅近・通勤便利残業ほぼ無しマイカー通勤可

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 環境
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 赤ちゃん 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 子育て したくない
  16. 保育士 移動
  17. 保育ニュース
  18. 保育士 ユニクロ

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人