保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2024.03.30

保育士の給料で手取りや年収の平均額はいくら?待遇が良くない場合の対処法

保育士の職業は、世間的には低賃金なイメージを持たれがちです。

周りから見ると子どもと触れ合っているだけで、お金を稼げる楽な仕事だという見られ方一部からされているからです。

子どもの将来をサポートできる仕事になるため、魅力ややりがいを感じて保育士を目指す人も、たくさんいることから人気はあります。

保育士を目指す人によっては、実際に給料や年収はいくらくらい貰えるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

今回は、保育士の給料で手取りや年収の平均額はいくらなのかや、公立園と私立園で異なるのかと待遇が良くない場合の対処法や、やりがいに魅力を感じる人もいることなどについて解説していきます。

保育士の給料で手取りが低い人は多い?

保育士の給料は、営業職のように歩合制ではないので一気に上がるものではありません。

年功序列制の一般企業で働くビジネスパーソンのように、勤続年数が増えていくほど給料は徐々に高くなる傾向があります。

若い頃は給料は低いですが、保育士としての経験を積み重ねて昇進して主任や園長などの役職者になれると、手取りやボーナスがたくさん貰いやすいです。

保育士は保育士資格という国家資格が必要な専門職ですが、国家資格が必要な職業のなかでは給料は安いとされています。

まだ勤続年数が少なくて、若い保育士であればあるほど給料で手取りが低い傾向があります。

国が推進する働き方改革や処遇改善措置などで、徐々に保育士の待遇は良くなってきていますが、高待遇と呼べる職業とは言えません。

保育士の給料で手取りの平均額はいくら?

国家資格が必要な専門職のなかで、保育士の給料で手取りは低い傾向がありますが、職場によって待遇の差はあるため同じではないです。

そのため、勤め先やどこかの1つだけの職場に絞って、給料を推し量ることはできません。

保育士の給料で手取りの平均額を厚生労働省が調査しており、データとして出ています。

保育士の平均の給料は月額27万円弱という結果が出ていて、手取りの平均額となると色々と引かれるので額面の75~85%程度になります。

つまり、保育士の給料で手取りの平均額は約20万円です。

保育士の正社員の手取り額の平均額になるので、非正規雇用者はもっと低い給料になります。

保育士の年収の平均額はいくら?

保育士の給料で平均額をお伝えしましたが、それをもとにして平均年収も算出することができます。

ボーナスも加算すると、保育士の年収の平均額は400万円弱とされています。

あくまで、給料で手取りや年収は平均額になるので職場によって高かったり、安かったりなど差はありますから断定はできません。

独身で働いている人なら、質素な生活を心がけていればある程度満足できるかもしれません。

子どもがいる家庭では、共働きをしなければ生活が苦しいでしょう。

保育士の給料で手取りは公立園と私立園で異なる?

保育士の給料で手取りは公立園と私立園で異なるのかお伝えしていきます。

公立保育園

公立保育園で働く保育士は地方公務員扱いになります。

私立保育園で働く保育士よりも、公立保育園の公務員保育士の方が給料で手取り額は高い傾向があります。

地方自治体の保育士採用試験に合格と、保育士資格の取得の両方をクリアしなければ、公務員保育士として働くことができません。

私立保育園の保育士よりも難易度は高くなります。

お伝えしてきたように、給料で手取りや年収は職場ごとに違いがあるので同じではありませんが、初任給に関しては公立保育園と私立保育園とであまり差はないとされています。

私立保育園

私立保育園で働く保育士は、公務員保育士のように地方自治体で保育士採用試験はなく、希望する職場の面接に受かると仕事を開始できます。

公務員保育士よりも採用のハードルは高くありません。

初任給はあまり差はありませんが勤続年数や昇進などの違いによって、公立保育園で働くよりも給料で手取り額は低い傾向があります。

保育士の給料が安くて待遇が良くない場合の対処法

保育士の給料が安くて待遇が良くない場合の対処法をお伝えしていきます。

保育士資格以外の資格を取得してキャリアアップを目指す

勤め先の給料で手取り額や年収が低いと感じていても、何も行動しなければ賃金UPに繋がりません。

例えば、勤続年数が長くなり保育士としての評価が良ければ、昇進・昇給できる可能性があります。

下記のような保育士資格以外の資格を取得して、キャリアアップを目指すのも効果的です。

・運動保育士
・絵本専門士
・医療保育士

職場によっては、資格を取得している保育士に手当がつくところもあるでしょう。

転職する

保育園や保育施設によっては、すでに役職者の枠が埋まっていたり、昇進・昇給が期待できないところもあるはずです。

キャリアアップを目指して長く勤めていても、給料で手取りや年収が増える見込みがない可能性もあります。

職場ごとに待遇に差がありますから、給料に不満がある保育士は思い切って転職すると、賃金UPに成功して安定した収入に繫がるかもしれません。

キャリアアップ研修制度に参加する

2017年から保育士のキャリアアップ研修制度が設けられています。

給料で手取りや年収を上げるために、役職に就くことを目指してキャリアアップ研修制度に参加するのも効果的です。

園長や主任保育士の役職にプラスして、下記のようなものがキャリアアップ研修制度を受講することで、目指せるようになり処遇改善に繋がります。

・副主任保育士(約7年以上の経験年数が必要)
・専門リーダー(約7年以上の経験年数が必要)
・職務分野別リーダー(約3年以上の経験年数が必要)

上記のようにキャリアアップ研修制度で目指す役職では、経験年数を満たすなどの守られなければいけない内容があるので、自分が対象者になるのかを事前に確認しておくことが大切です。

保育士の給料で手取りが低くても魅力を感じる人もいる

保育士の給料で手取りや年収が低くても、色々な方法で待遇を良くできる可能性があります。

長く勤めるためには、給料も大切ですがやりがいや魅力も重要です。

保育士のなかには、子ども達の成長を通して大きなやりがいや魅力を感じている人もたくさんいます。

子どもが昔から好きだったという動機がある保育士は多いですから、給料で手取りや年収が低くても我慢できる人もいるのですね。

一部の人達からは、やりがい搾取されていて保育士は可哀想だという認識を持たれがちですが、志や奉仕の精神がある人にとっては、お金だけを目当てにして働いているわけではありません。

子ども達や保護者達のために、一生懸命に働いている保育士ほど周囲からの信頼は厚いでしょう。

保育士の労働環境や待遇は、国による働き方改革や処遇改善措置などにより、徐々に改善していく方向にありますから将来的には少しずつではありますが給料は右肩上がりになっていく見込みです。

 

 

まとめ

保育士の給料で手取りの平均額は、職場によって差はありますが約20万円だと言われています。

保育士は世間から低賃金で働いているイメージを持たれがちです。

仕事を続けるうえでお金を重視している保育士もいれば、給料は低くても大きなやりがいや魅力を感じているから働きがいがあるという人もいます。

長く勤務するためには、給料以外にもモチベーションを高められることを考えるのは重要です。

勤め先の待遇があまり良くないと感じている人は、お伝えしてきた対処法で自分に合ったものがあれば実践してみてください。

 


この記事の監修は

保育のせかい

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士)

保育士として勤務をした後、一般企業も経験しその後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

 

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

YPC保育園 曙川南|八尾市【シフトは週3日~&時給1,200円の好待遇◎子供一人ひとりに寄り添った企業主導型保育園♪】

高時給時短・扶養内残業ほぼ無し小規模保育園

TAMランド 南草津園|滋賀県草津市【南草津駅から徒歩1分の好立地!人間関係良好な小規模保育園♪】

月給20万円以上駅近・通勤便利新卒歓迎賞与高め

桜の杜つばさ保育園|京都市西京区【月給20万円以上!充実の福利厚生!】

月給20万円以上高時給時短・扶養内住宅補助あり

企業主導型保育所 いけしまあやめ保育園|東大阪市【福利厚生充実で有給休暇消費率も100%!プライベートも充実◎】

月給20万円以上マイカー通勤可小規模保育園完全週休二日制

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 環境
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 赤ちゃん 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 子育て したくない
  16. 保育士 移動
  17. 保育ニュース
  18. 保育士 ユニクロ

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人