保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2024.02.27

保育士のアルバイトは資格なしでもできる?正社員と同じ労働条件なのか解説

国による働き方改革や処遇改善措置などにより、保育士の労働環境や待遇は以前に比べて改善傾向にあります。

人々のライフスタイルが多様化してきていますので、保育士は様々な雇用形態で働くことも可能になりました。

正職員として働くのであれば、保育士資格の取得は必須ですが、アルバイト勤務など非正規社員になって働きたい場合はどうなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

保育士資格は国家資格になるので、取得するためには学校に通ったり保育士試験を受験したりが必要です。

保育士資格を持っていない人にとっては、ハードルが高い人もいるでしょう。

今回は、保育士のアルバイトは資格なしでもできるのかや、メリット・デメリットと正社員と同じ労働条件なのかなどについて解説していきます。

保育士のアルバイトは資格なしでもできる?

保育園や保育施設のなかには、保育士が不足しているところもあります。

正社員に拘っていては、いつまで経っても現状は変わらず人材確保に苦戦するでしょう。

保育士を目指している人や、興味がある人のなかには保育士資格はまだ持っていない資格なしの状態だけど、働きたい人もたくさんいます。

職場側も求職者の状況を把握しているところが多いので、人材不足を補うために無資格でもチャレンジできる「保育補助」の求人を出している場合があります。

保育士のアルバイトとして働きたい人は、資格なしで保育補助の仕事に就くことが可能です。

子育てを経験している人や、将来的に保育士資格を取得したい人は特に有利です。

保育士資格なしで可能なアルバイトの仕事内容は?

保育士資格なしで可能なアルバイトの保育補助の仕事ですが、仕事内容が気になる人もいるでしょう。

保育補助と呼ばれているので、なんとなく保育士のサポートをする役割なのかなと思いますよね。

基本的には保育士と同じような仕事内容ですが、サポート役として働くのでクラス担任になったり、主体的に子どもを見守ったりするわけではありません。

子どものオムツ交換・ミルクを飲ませる・食事の準備と後片付け・遊びの時間の見守りなど、保育士が行うようなことをお手伝いします。

保育士資格なしで、保育補助の仕事をアルバイト勤務したい人は、あくまで保育士をサポートする仕事内容になります。

正社員の保育士ほどの責任はありませんが、人手不足に悩んでいる保育園や保育施設では保育士資格なしの、アルバイトの雇用形態で働いてくれる人は頼りになる存在でしょう。

仕事内容では乳児クラスと、幼児クラスによって大きな違いがあります。

乳児クラス

保育補助の仕事は勤め先の保育園や保育施設によって違いがありますが、子どもと関わるということは同じです。

子ども好きな人ほど仕事に大きなやりがいを感じたり、子どもの成長を楽しみにしていたりする人が多いのではないでしょうか。

乳児クラスの仕事内容は、授乳やオムツ替えのサポートをすることが多いです。

幼児クラス

保育士資格なしでできる、アルバイトの保育補助の仕事内容で幼児クラスの場合は、子どもがある程度言葉を話せたり歩いたりできるので、乳児クラスの保育業務とは違ったサポートを行います。

具体的には、子どもと一緒に遊んだり散歩をしたりなどを行い、常に子どもに危険が及ばないように目を配らせている必要があります。

加えて、子どものオムツ交換・ミルクを飲ませる・食事の準備と後片付け・遊びの時間の見守りなど、保育士と同じような仕事内容を行い、正社員で働く保育士にとって縁の下の力持ち的な存在です。

保育士資格なしで可能なアルバイトの勤務時間は?

保育士の正職員は基本的にフルタイム勤務ですが、保育士補助の働き方は様々な勤務時間の選択が可能です。

例えば、午前中だけ、夕方だけ、フルタイムで働きたいなど自由に勤務時間を調整したりなどです。

保育士資格なしで可能なアルバイトの勤務時間は、自由度が高いのが魅力の1つですが職場によって具体的な時間帯は違いがあるので、採用されたところで相談してください。

保育士補助の仕事は主に非正規社員が多いです。

正職員はほとんどフルタイム勤務になります。

なかなか非正規社員のように、自由に勤務時間を調整することが難しいのですが、保育士資格なしで可能なアルバイトであればライフワークバランスが取りやすいです。

保育士資格なしで可能な働き方はアルバイト以外の雇用形態もある

保育補助の仕事は、保育士資格なしで働けるのでアルバイトの働き方以外の雇用形態があります。

派遣社員・契約社員・パートタイマーなどの雇用形態で働ける職場もたくさんあります。

どのような雇用形態で働きたいのか考えて、求人情報を探してみてください。

正職員の保育士よりも勤務時間の融通が利くため、プライベートを重視できますが、反面、給料はボーナスが出なかったり雇用保険に加入できなかったりあります。

保育士資格なしで可能なアルバイトのメリット・デメリットとは?

保育士資格なしで可能な、アルバイトのメリット・デメリットをお伝えします。

メリット

保育士資格なしで可能なアルバイトの保育補助は、保育現場で働くことに対してハードルが低いので、未経験者でもチャレンジしやすいです。

保育士のサポート役としての働き方になりますが、保育業務を行うので知識と実務の経験を積めます。

将来的に保育士資格に挑戦したい人は大きなメリットになるはずです。

働き方で時間の融通が利きやすいので、ライフワークバランスの調整がしやすいです。

デメリット

保育士補助は保育士資格が必要ないため、職場によっては求人募集した際に応募者がたくさん来て、競争率が高くなってしまう可能性があります。

誰でもできる仕事とまでは言えませんが、保育業務に適性がある求職者は多いでしょう。

そして、主に非正規社員が中心になるため、正職員の保育士と比べてどうしても待遇は低くなってしまいます。

保育士のアルバイトで資格なしの仕事は正社員と同じ労働条件なの?

お伝えしたように、保育士のアルバイトで資格なしの仕事は正社員と同じ仕事内容ですが、あくまでサポートに徹します。

正職員の保育士のようにクラス担任になったり、保育業務の計画書の作成をしたり、職場の経営に関わったりなどはしません。

仕事内容で子ども達の生活サポートをする時は、正職員の保育士と同じような感じですが、勤務時間や働き方など労働条件は違いがあります。

それでも、保育士に興味があるけれど何も行動できない人よりかは、保育補助の仕事にチャレンジして一歩踏み出している人の方が行動力があります。

保育士になりたいという目標に向かって突き進んでいる人と、静観している人とでは、どんどん差が広がっていくでしょう。

 

 

まとめ

保育補助として働くのであれば保育士資格は必要ありません。

保育士資格なしでも、派遣社員・契約社員・アルバイト・パートタイマーなど非正規社員になることが可能です。

保育士資格の取得はハードルが高いと思う人もいるのではないでしょうか。

保育現場では子育て支援員も頼りにされています。

子育て支援員の資格は、受講するだけで保育現場で働くことが可能なので保育補助の仕事に興味関心ある人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


この記事の監修は

保育のせかい

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士)

保育士として勤務をした後、一般企業も経験しその後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

ちばなハイサイ保育園|沖縄市【2020年4月に開園!賞与最大5ヶ月分!年収260万円以上と高待遇♪】

高時給時短・扶養内住宅補助あり新卒歓迎

認定こども園 フレンド幼稚園|泉南郡【マイカー通勤OK◎月給20万以上でエクシブ法人会員加入など様々な福利厚生が魅力的♪】

月給20万円超新卒歓迎賞与高め残業ほぼ無し

横堤みのり保育園|大阪市鶴見区【住宅手当など諸手当が充実♪各クラス約10名前後の少人数制保育園◎】

住宅補助あり新卒歓迎宿舎借り上げ制度福利厚生充実

本福寺こども園|滋賀県大津市【共済会加入で他にはない福利厚生!マイカー通勤可能で通勤楽々♪】

年休120日超月給20万円超住宅補助あり新卒歓迎

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 環境
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 赤ちゃん 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 子育て したくない
  16. 保育ニュース
  17. 保育士 移動
  18. 保育士 ユニクロ

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人