保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2024.02.11

幼稚園教諭は恋愛できないほど忙しい?暇な時期や休日はあるのか解説

幼稚園では満3歳の子どもから、小学校入学前の未就学児童を預かり、幼稚園教諭免許状を持った人が対応します。

保育士と同じような仕事内容だと思う人もいるのではないでしょう。

子どもの対象年齢も違いますし、仕事量は幼稚園教諭の方が多くなりがちなので、時には残業や持ち帰り仕事を抱えることも少なくありません。

これから幼稚園の先生を目指す人は、働きながら恋愛を楽しめるのかや、どの位忙しい日々になるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

今回は、幼稚園教諭は恋愛できないほど忙しいのかや、暇な時期や休日はあるのかと多忙なのは職場次第なことと、人手不足の可能性やセルフケアの大切さなどについて解説していきます。

幼稚園教諭は恋愛できないほど忙しい?

未就学児童を幼稚園で預かるので、幼稚園教諭は常に小さい子ども達から目を離せません。

幼い子ども達は好奇心旺盛で、興味が出たことに対して執着したり周りを気にせず熱中したりするため、目を配っていなければ怪我や事故に繫がるからです。

幼稚園教諭は常に子ども達と一緒に過ごしています。

なかには、トイレに行く暇もないほど忙しい職場で働いている人もいます。

幼稚園教諭は教員免許が必要になりますので、真面目で責任感が強い人が多い職業です。

例えば、体調不良になっても自分が担任を務めていると責任を感じて出勤しなければと感じることもあるはずです。

休憩を取れないほど忙しいけれど、大きなやりがいを感じられるから続けていこうと考える人もいます。

子どもの生活サポートだけではなく、デスクワークや行事やイベントの企画運営などにも携わりますし、残業や持ち帰り仕事が発生する場合もあります。

幼稚園の先生によっては、恋愛する余裕がないほど忙しい日々を過ごしている人もいるでしょう。

世の中の幼稚園教諭全員が、恋愛できないほど忙しいわけではなく職場によって変わってきます。

幼稚園教諭は忙しいと言われているけれど暇な時期はあるの?

基本的には土曜日・日曜日がお休みの週休二日制を採用している職場が多いです。

幼稚園教諭の勤務時間は、朝8時~夕方17時頃までのところが多いですが、業務が終わらなければ残業をしたり持ち帰り仕事をしたりする場合があります。

保育士と比べて、幼稚園教諭の方が仕事量が多くなりがちですので、忙しい日々を過ごしている人はたくさんいるでしょう。

土日で連休が取りやすいのと、時期的には夏休みや冬休みには子どもが登園しないので、幼稚園によっては暇な時期になりやすいと言えます。

幼稚園教諭は忙しいと言われているけれど休日はあるの?

多くの幼稚園では、土曜日・日曜日が休みの週休二日制を採用しています。

なので、休日は土曜日・日曜日で連休が取得できたり、夏休みや冬休みの間に幼稚園の先生はゆっくりリフレッシュできたりします。

長ければ1ヶ月程度の休日を確保できる職場もあるでしょう。

できるだけ休日をたくさん取りたい幼稚園教諭は、有給休暇を上手く活用することも考えるようにしてください。

ただし、最近では土曜日や夏季休暇・冬季休暇などの期間でも、子ども達を受け入れている職場も増えているので、休日は勤め先によって変わってくるでしょう。

保護者によってライフスタイルも様々ですから、ニーズを満たすために幼稚園側は配慮して取り組んで行かなければいけません。

幼稚園教諭で忙しいのは職場次第

幼稚園教諭で忙しいのは職場次第のところがあります。

職員の入れ替わりが激しい職場

幼稚園教諭の仕事は、個人作業ではなく他の職員とも協力し合うことが求められるため、チームワークを大切にする必要があります。

チームワークが必要になるということは、人間関係が良好でなければいけません。

人間関係が悪くて職員の入れ替わりが激しい職場に勤めていると、退職した人の業務をカバーしたり、引き継ぎをする人に教育したりしなければならず、忙しい日々を過ごすことになってしまいます。

残業や持ち帰り仕事が多い職場

幼稚園教諭で忙しいのは、残業や持ち帰り仕事が多いところもあります。

単純に子どもの生活サポートだけを行えば良いわけではなく、幼稚園の先生の業務は多岐にわたるため、マルチタスク能力が求められるのです。

休日に勉強会がある職場

幼稚園によっては、休日に勉強会へ出席しなければいけないところもあります。

仕事の専門性やスキル、知識を高めるためには必要な取り組みですが、休日も忙しいのは大変ですよね。

学んだことを研修報告書にまとめて、職場にいる他の職員にシェアしている幼稚園教諭もいます。

幼稚園教諭の仕事が忙しい職場は人手不足の可能性も

保育士や幼稚園教諭は社会貢献度が高い職業ですが、保育業界は人手不足が深刻化している状況です。

幼稚園によっては、人手が足りなくて幼稚園の先生一人あたりの仕事量が膨大になっているところもあるのです。

職員の数が足りない職場は仕事が忙しいだけではなく、離職者も多くなりがちだったりするので、人間関係の悪化に繋がりやすくなります。

職場環境や労働環境が悪い職場で働いていると、肉体的にも精神的にも疲弊して、体調不良になってしまう恐れもあります。

人手不足のところで働いている人は、幼稚園教諭として責任を感じていても職場側が、人材確保に早急に取り組むなど適切な対応をしなければ、改善に繋がりません。

個人の力だけでは、どうすることもできないので人手不足解消のためには、経営陣や園長先生に改善を求めたり、あるいは思い切って転職したりすることが求められるでしょう。

幼稚園教諭の仕事が忙しい人はセルフケアが大切

幼稚園教諭の仕事が忙しい人は、働き続けるとストレスが溜まったり心身ともに疲弊したりして、ある日突然、限界を超えて倒れてしまう恐れがあります。

モチベーションもどんどん低下して、幼稚園の先生を辞めたくなる人もいるでしょう。

仕事が忙しい環境で幼稚園教諭として働いている人は、すぐには労働環境や職場環境の改善は難しいですから、休日と仕事でメリハリをつけた方が良いです。

休日はゆっくりと身体を休めたり、下記のようなセルフケアを実践したりすることが大切です。

・趣味を頑張る
・大好物の食べ物を食べる
・運動をして汗を流す
・温泉旅行に行く
・自宅のお風呂にゆっくり浸かる
・栄養バランスが整った食事をする

自分で自分の身体を守らなければ、仕事の疲れやプレッシャーに潰されて、長く仕事を続けていくのも難しくなります。

幼稚園教諭の仕事が忙しい人は、セルフケアを実践して肉体的にも精神的にもリフレッシュさせましょう。

 

 

まとめ

幼稚園の先生は、子どもの生活サポートだけではなく、様々な業務に取り組む必要があるため単純労働ではありません。

職場によっては、幼稚園教諭の仕事量が多くて恋愛する暇も無いほど、忙しい日々を送らざるを得ない状況のところもあります。

世の中の全ての幼稚園で働く幼稚園教諭が、多忙を極めているわけではないですが、仕事に追われている人はたくさんいます。

忙しい職場かどうかは、実際に勤務してみるまではっきりとはわからないでしょう。

これから幼稚園教諭を目指す人は、転職活動や求職活動の段階で、求人票に記載している年間休日日数や職員の数、面接や職場体験などを判断材料にして見極めることが大切です。

 


この記事の監修は

保育のせかい

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士)

保育士として勤務をした後、一般企業も経験しその後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

 

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

ヤクルトひよっこ保育園茨木|茨木市【月給20万円以上と高待遇の小規模保育園!マイカー通勤OK!】

月給20万円以上時短・扶養内新卒歓迎残業ほぼ無し
南清水にじいろキッズこども園の園舎

南清水にじいろキッズこども園|堺市堺区【借上社宅制度/車通勤OK】

月給20万円以上高時給時短・扶養内住宅補助あり

わかばこども園|滋賀県大津市【マイカー通勤可能で通勤楽々♪自然いっぱいでのびのび保育!】

新卒歓迎マイカー通勤可学生アルバイト歓迎時間固定勤務

三田つつじが丘認定こども園|三田市【賞与最大5ヶ月分!固定時間勤務の月給制度あり!】

月給20万円以上時短・扶養内新卒歓迎賞与高め

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 大変
  6. 子育て 環境
  7. 保育ニュース
  8. 保育ニュース
  9. 赤ちゃん 夜泣き
  10. 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て ストレス
  13. 子育て 楽しい
  14. 心がけ
  15. 子育て したくない
  16. 仕事 休む
  17. 保育士 移動

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人