保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2023.11.09

保育士の転職が不安や怖い理由とは?恐怖心の克服方法を解説

求職者や社会人のなかには、保育士に転職を目指しているけれど、不安や怖さがあって思い切って行動に移せない人もいるのではないでしょうか。

保育士の職業を目指す人は、主に女性が多いので産休や育休を取得して、仕事に復帰しようと思っている人もいるでしょう。

仕事にブランクがある人は、一般的な転職活動と違った不安や恐怖心が芽生えることも多いですよね。

もしかしたら、不安や怖さを抱えているのは、そんなに多くなくて自分だけが気にしすぎているのかもしれないと疑心暗鬼の人もいるかもしれません。

今回は、保育士の転職が不安や怖い人は多いのかや、その理由や恐怖心の克服方法と、前向きに気持ちを切り替えて行動することの大切さなどについて解説していきます。

保育士の転職が不安や怖い人は多い?

転職活動は誰しもスムーズに行くとは限らないので、人によっては応募書類や面接で失敗したり、何か嫌な出来事が起きたりしてトラウマになっている人もいます。

保育士の転職に限ったことではなく、一般的に転職を目指す時は不安や怖さを抱えがちです。

人それぞれ転職理由は違います。

人間関係や職場環境の不満などネガティブな理由や、キャリアアップして待遇面のアップを目指すポジティブな理由もあるでしょう。

保育士の転職を目指す人も、同じ様にポジティブだったりネガティブな転職理由があるものです。

ネガティブな理由がある人が不安や怖い気持ちを抱えるのは  ポジティブな理由がある人でも例えば、前職よりも給料がアップできなかったらどうしようなどの気持ちで、転職に不安や怖さがある人もいます。

保育士の転職が不安や怖い理由とは?

保育士に転職したい人の多くに、共通した不安や怖い理由があります。

年齢の不安や怖さ

求職者によっては、年齢が若いと保育に関する知識やスキルが伴ってなくて、未熟者だと思われないかや逆に年配者では、年齢に見合うだけの給料が貰えるのだろうかと思う人もいます。

自分の年齢に対して、マイナスに考えることで不安や恐怖が襲ってくるのですね。

保育の知識や経験不足の不安や怖さ

全くの未経験で保育士に転職を目指す人や、経験があるけれど他の職場で通用するのか、あるいはブランクがあるから不安や怖さがある求職者もいるでしょう。

郷に入れば郷に従えという言葉があるように、実際に新たな仕事の環境で保育の知識や経験が活かせるのかは、働いてみなければわからないので不安や怖さを抱くのはむりもないです。

人間関係の不安や怖さ

今までの社会人経験で、人付き合いが苦手な人や職場での人間関係の構築に失敗している求職者ほど、転職先での人間関係に不安や怖さを抱きやすいです。

保育士の仕事は、チームワークが大切になってくるので、職場の雰囲気や職員の人柄が良くなければ、長く勤めることは難しくなってきます。

体力面の不安や怖さ

保育士は子どもの生活サポートや、一緒に遊びながら幼児教育を行うことがメイン業務になります。

そのため、体力勝負なところがありますから、求職者のなかには体力面の不安や怖さを持っている人もいます。

保育士への転職前の不安や怖さがあるケース

保育士への転職前の不安や、怖さがあるケースを解説していきます。

前職よりも待遇が悪くならないか

保育士へ転職したいけれど、前職よりも待遇が悪くならないか心配な人は多いです。

次の転職先では、給料の他に有給休暇・昇給・役職・退職金なども同時に一度リセットされて、新しい職場の雇用条件で働くことになります。

新たな職場で働くことが、長年の夢だったりやりがいを重視したりする人は、前職よりも待遇が多少悪くても妥協できるかもしれませんが、待遇面が何よりも大切な人は不安や怖さを抱えやすいでしょう。

無事に転職に成功できるか

最近では、転職市場が活発化していますが、求職者が保育士へ転職前に不安や怖さを抱えるケースとして、本当に自分の理想とする次の職場が見つかり、働くことができるのか自問自答する人もいます。

まだ退職していな人は、働きながら保育士への転職活動ができるので、次の職場で早急に働けなくても、少しは気持ちの余裕があるかもしれませんが、すでに退職している人は背水の陣で挑まなければいけません。

何回も転職を経験している求職者は、職歴が気になり転職回数が増えることに対して恐怖心を抱いている人もいます。

面接で実力をだせるか

転職活動で最も緊張するシーンが、面接だという求職者は多いでしょう。

過去に面接で失敗や後悔した人は、また繰り返すのではという不安や怖さを抱えがちですから、面接で自分の想いをきちんと伝えたり、まともに受け答えしたりできなければ採用されにくいです。

面接で本来の実力をだせなかったらどうしようという、不安や怖さを持っている求職者は多いですが、考えても答えはでませんから、必要以上に気にするのは避けた方が良いです。

求職者の言動だけではなく、所作や身だしなみも面接では見られているので、色々なことを気にしなければいけません。

保育士への転職後の不安や怖さがあるケース

保育士への転職後の不安や、怖さがあるケースを解説していきます。

本当にこの職場で良かったのか

新たな転職先が決まっても、保育士として働くのは本当にこの職場で良かったのか心配する人は多いです。

まだ1日も働いていないので、人間関係が悪かったらどうしようとか思ったり、やりがいを感じることができるのか疑問がでてきたり、新しい職場に身を置くのは色々な不安や怖さがあるのですね。

実際に働いてみるまでは、失敗や後悔したと思うのは難しいですので、アレコレと気にしても何も変わらないでしょう。

前職の悩みが職場で改善できるか

保育士に転職するのは、人それぞれポジティブな理由だったり、ネガティブな理由だったり何かしらの気持ちを抱えているから一歩踏み出すものです。

多くの求職者に共通することが、前職の悩みが次の職場で改善あるいは解決できるのかという、不安や怖さがあります。

新たな職場に求める要望が多かったり、理想が大きかったりするほど恐怖心が強くなってしまいがちです。

もちろん、事前にある程度面接で、気になることを面接官と対話して納得や妥協している人もいるはずですが、実際に働いてみるまではわからないので、どうしても不安や怖さがあるのですね。

人間関係や仕事に慣れるのか

転職先で保育士として働く前に、自分が職場の人達の輪の中に入れなかったり、協調性が無くて迷惑かけてしまったりなどを考えて、人間関係に慣れなくて悪化させてしまうのではないかと不安や怖さを抱く人もいます。

良好な人間関係を構築できるのかは、働いてしばらく時間が経過するまではわかりません。

今までの経験や知識が次の職場で活かせるのかや、仕事に慣れるのかに対して恐怖心がある人もいるでしょう。

上記のように、保育士への転職に成功しても求職者によっては、様々な不安や怖さを抱えているものです。

保育士への転職を先延ばしにするリスクとは?

保育士への転職を、先延ばしにするリスクを解説していきます。

現状維持では状況が何も変わらない

転職に不安や怖さがある求職者はたくさんいますが、克服できないからといってどんどん先延ばしにしても、現状維持では何も状況が変化しません。

ネガティブな理由から、転職活動をしている人は、転職を引き延ばしてしまうと、悩みや疑問は何も改善や解決できないままです。

不安や怖い気持ちを抱えたまま、転職活動をすることは勇気が必要ですが一歩踏み出さない限り、現状維持のままダラダラと時間だけが経過してしまいます。

保育に対する考え方が偏る可能性がある

保育士への転職を先延ばししていると、例えば、まだ求人はたくさんあるから急いで転職活動をしなくても、大丈夫だろうとか、保育の仕事はそこまで大変じゃないだろうと考えたりするかもしれません。

不安や怖さ、焦りなどから保育業界はこういうものだろうと、主観で考える癖がついたり、保育に対する考え方が偏ったりする可能性があります。

物事への視野が狭くなるのは危険です。

保育士への転職を甘くみてしまうと、いざ転職活動をしたものの自分の希望する職場が見つからなかったり、見つかったとしても不採用になったりして転職の厳しさを痛感する恐れがあるので注意が必要です。

転職が難しくなる可能性がある

保育士への転職を先延ばしするリスクとして、転職活動が長引くほど無駄に時間が経過して、人によっては1年、2年と日々が過ぎ去り、年齢も上がっていくことに対して焦りがでてくる人もいます。

正社員での転職を目指す求職者は特に、年齢を追うごとに転職活動が難しくなる可能性があるでしょう。

転職を先延ばししている期間は、自分から積極的に行動しないとスキルや知識に何も変化が無いので、時間を無駄にしてしまう恐れがあります。

保育士の転職で恐怖心の克服方法を解説

保育士への転職に不安や怖さを持つことは、人間ですからおかしいわけではありません。

自分を見つめ直し、どのようにして恐怖心に打ち勝つべきなのか、考えながら歩みを進めることが大切です。

例えば、転職活動前後で保育に関するスキルやノウハウを身につけることで、自信が出てポジティブな気持ちで転職に挑める可能性があります。

周りで転職の成功者がいる環境の人は、転職活動中の時間がある時に経験談を聞いたり、今の不安や怖さがある気持ちを相談したりすると、良いアドバイスを貰って気持ちが落ち着くかもしれません。

転職活動中に、不安や怖さを抱えたままですと積極的に行動することが、億劫になったり現状維持のまま過ごしたりしてしまう恐れがあるため、自己肯定感を徐々に高めていくことが大切です。

自己肯定感が高くなると、自分に自信がでてきて転職活動の行動力のアップに繋がりますから、積極的に動けるようになって運を引き寄せたり、チャンスに恵まれる機会が増えてくる可能性があります。

自分の殻に閉じこもらずに、転職活動の不安や恐怖心を克服するためには、何が必要なのか何が大切なのか考えながら行動していくことが重要です。

前向きに気持ちを切り替えて行動しよう!

求職者のなかには、保育士の転職活動に不安や怖さがある人もいますが、ネガティブな気持ちのまま何も行動に移せないままでいると、ますます不利な状況に自分で自分を追い込んでしまいます。

求人募集で書類選考に落ちたり、面接で過去に失敗した経験があると、また採用されないのではと思い、一歩踏み出す勇気が持てない人もいるでしょう。

現状維持のまま過ごしたり、ネガティブな気持ちを抱えたまま転職活動をしたりしても、せっかく良いチャンスに巡り合っても気づかない可能性があります。

自分から積極的に動いて、保育に関する知識の勉強やスキルを磨く、周りの転職者から経験談やアドバイスを聞くなどの行動をすることで、不安が和らいだり不安解消に繋がったりする場合があります。

保育士の転職に不安や怖さがある人は、勇気をだして前向きに気持ちを切り替えて行動することで、何かしらで道を切り開ける可能性があるでしょう。

失敗や後悔を恐れず行動して、転職に成功すると後から転職活動を振り返った時に、良い経験や教訓だったなとか思えて、次の職場ではさらに心が強くなっている可能性があります。

 

まとめ

保育士への転職に限らず、多くの求職者が転職活動中に不安や怖さを抱えているものなので、不安要素ばかり考えて立ち止まってしまうのも無理はありません。

転職活動中にネガティブな想いを抱えたままだったり、現状維持のままより良い環境を求めて積極的に行動しなかったりでは、チャンスをものにするのは難しくなります。

自己分析を行いながら、自分はどのような保育士になっていきたいのか考え、希望する新たな職場について情報収集をしていくことが大切です。

世の中には、ヘッドハンティングされて転職に成功する人もいますがごく一部の者だけで、多くの求職者は自ら積極的に転職活動を行い、不安や怖さを乗り越えて新たな道を開拓しています。

転職活動時の不安や恐怖心は、誰しもが感じるものですので前向きな気持ちに切り替えて、自分磨きをしたり周りの意見や経験談を聞いたりして、徐々に自己肯定感を高めながら保育士への転職を目指しましょう。

 


この記事の監修は

保育のせかい

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士)

保育士として勤務をした後、一般企業も経験しその後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

 

 

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

くじら保育園淀屋橋園|大阪市中央区【月給20万円以上、時給1,300円と好待遇!2022年4月にオープンした定員30名小規模保育園♪】

高時給駅近・通勤便利残業ほぼ無し小規模保育園

ほほえみ保育園 竹田園|京都市伏見区【2018年開園の小規模保育園!月給20万円以上!残業無し!】

月給20万円以上時短・扶養内駅近・通勤便利残業ほぼ無し

たちばな保育園|大阪市西成区【リフレッシュ休暇付与で長期休暇が取得可能♪保育手当など充実の福利厚生◎】

住宅補助あり駅近・通勤便利新卒歓迎退職金制度

HOPPA蛍池駅前|大阪府豊中市【19名規模小規模保育園、年間休日123日!】

年休120日以上駅近・通勤便利新卒歓迎残業ほぼ無し

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 環境
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 赤ちゃん 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 子育て したくない
  16. 保育士 移動
  17. 保育ニュース
  18. 保育士 ユニクロ

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人