保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2023.10.23

保育士の面接で答えるべき長所例は?採用されるための方法

保育士の職業は、国家資格の取得が必要になりますが、世間一般的に子どもの身の回りの世話や触れ合ったりするだけでお金を稼げると思われているところがあります。

仕事内容はそんなに難しくないだろうという、認識を持たれやすいので保育士資格さえ取得すれば誰でもできる仕事だと思われやすいのですね。

保育士の仕事は子どもの生活サポートだけではなく、デスクワークや年間行事の企画立案~運営、保護者とのコミュニケーションなど多岐にわたるので、マルチタスク能力が必要とされます。

ということは、保育士に向いている人、向いていない人とで分かれるので、保育園や保育施設で面接してもらった時に、自分の長所・短所を面接官に伝えて、本当に適性があるのか見極めてもらうことになります。

今回は、保育士の面接で答えるべき長所・短所例や、履歴書での長所の書き方と採用されるための方法などについて解説していきます。

保育士の面接でなぜ長所を聞かれるの?

保育士を目指す人は、まずは保育士資格の取得に励むことが求められますが、自分が保育士に本当に向いているのか考えるタイミングは、その後の保育園や保育施設に面接に行く段階が多いのではないでしょうか。

いくら自分が保育士になりたいと思っていても、向いていなかったり適性が備わっていなかったりすると、勤め先でパフォーマンスを発揮できなくて悩みや苦労が多くなってしまう恐れがあります。

求職者を雇用する側も、果たして保育士に向いているのかどうかを面接で判断することで、求職者の仕事の方向性が正しいのかを一緒に向き合います。

面接の際は、求職者に「長所・短所」を聞くところが多いです。

そして、主に長所を重視している面接官も多いので、職場で子ども達や保護者、職員の方達とどのような関係を築いてくれそうなのかや、保育士の向き不向きや適性が有無を見極めるために長所に関して質問することが多いのです。

保育士の面接で長所の答えかた

保育士を目指すなら、希望する職場の面接に備えて自分の長所・短所をハキハキと、答えられるように対策をしておくと安心です。

長所を面接官から聞かれた時に、考える時間が長いと相手からは自分と向き合っていないとか、自己分析をしていないんだなとマイナスな印象を持たれてしまいます。

自分の長所をアピールするなら、保育士の仕事にどう活かせるのかを考えて関連性があるものを伝えるようにしましょう。

例えば、下記のような長所例の発言です。

面接での短所の伝え方「私の長所は、明るくて社交的なのでチームワークが求められる、保育士の業務に活かせられると思います」

「私の長所は、職場や私生活で誰に対してもきちんと自分から挨拶をすることを心掛けており、笑顔で子ども達と接しながら保育士としてたくさんの業務をこなし貴園に貢献できます」

保育士の面接で短所の答えかた

保育士の面接では、長所と短所はセットで面接官から質問されることが多いです。

長所だけ、あるいは短所のみを質問されるケースはあまり無いでしょうから、求職者は長所・短所のどちらもハキハキと答えられるように対策しておいた方が良いでしょう。

短所は自分のマイナス面だから、面接官に答えたくない人もいるはずです。

人によっては、長所であってもなかなか自分の良い面を探しだせずに難しいと感じる人もいますから、その場合は短所の見方を変えてみるのも効果的です。

例えば、自分の短所も保育士の仕事に活かせられるケースがないかを考えて、面接官に伝えることで、短所であっても相手に好印象を与えやすくなります。

具体的には下記のような感じです。

面接での短所の伝え方「私の短所は、選択肢が多い物事に直面した時にどれがベストな選択なのか、迷うことがあるので思慮深く石橋を叩いて渡る癖があり優柔不断なところです」

「私の短所は、昔から人と言い争うのが嫌いで自分の意見をハッキリ相手に伝えられず、いつも相手の言動に流されてしまいやすいところです」

上記のように、希望する職場の面接で短所を伝える場合「優柔不断・意見をハッキリ相手に伝えられない」の2つのキーワードに注目してください。

優柔不断=慎重な性格で時間をかければ的確な判断ができそう

意見をハッキリ相手に伝えられない=リーダーシップは発揮できなさそうだが、協調性がありチームワークをしっかりこなしてくれそうなので保育士の仕事に向いている

など、自分は短所だと思ってネガティブな印象を面接官に与えてしまったかもと思っていても、相手は保育士の仕事に向いているかもと脳内変換してくれる可能性があるのです。

このように、短所であっても視点を変えるだけで素敵な長所に変換できるかもしれません。

保育士の履歴書での長所の書きかた

保育士の面接では、面接官から求職者に対して質疑応答と同時に履歴書も見られます。

面接官によっては、求職者の履歴書に記載している長所・短所を見ながら色々な質問をする人もいるでしょう。

そのため、履歴書に書く長所は手を抜かずに、会話をしてアピールする時と同じ様に保育士の仕事にどう活かせるのかを考えて関連性があるものを記載するようにします。

例えば、下記の長所例のような感じです。

履歴書の長所の例文学生時代は、吹奏楽部に所属したり私生活ではピアノのレッスンに通ったりしていて、音楽について学ぶことが大好きです。子ども達の前でピアノを演奏する機会があり、緊張しましたが演奏中は子ども達や保護者の方達がみんな笑顔で聴いてくれました。

自分の長所として、ピアノを弾くことが得意なので、貴園の子ども達の前で演奏できたらみんなを笑顔にする自信があります。上記のように、保育園や保育施設の面接で履歴書に長所を書く際は、希望する職場でどういうことに長所を活かせられるのかアピールできると面接官の好印象に繋がりやすいでしょう。

保育士の履歴書で短所は書くべき?

保育園や保育施設の面接では、面接官は必ずと言っていいほど履歴書を確認します。

履歴書をなぜチェックするのかと言いますと、本人確認や記載している内容に虚偽が無いかきちんと把握するためです。

長所や短所を記載する場合も、適当に書かないようにするようにしなければいけません。

人間ですから、誰しも長所ばかりではなく短所も持ち合わせているものです。

完璧な人間はいませんから、短所があっても全然おかしくはありません。

履歴書に短所を記載する時は、ただ自分の欠点を書くだけではなく保育士の業務に活かせられそうだと、面接官に思われるような文章にしたり、保育士の仕事をしながら短所をどうカバーしていく心掛けがあるのかなどを書くと良いでしょう。

保育士の履歴書に長所だけ書いて、短所は全く書かないのは不自然さがあるので、上記でお伝えした点を意識して書くようにした方が良いでしょう。

 

 

まとめ

保育士の仕事に携わるには、保育士資格という国家資格の取得も大切ですが、希望する職場で採用されるために面接対策も重要です。

多くの面接官は、求職者に履歴書に記載している長所・短所を見て質問や、口頭で質問をしますから、素早くハキハキと答えられるようにしておくことが大切です。

自分の長所・短所が、保育士の仕事にどのように活かせられるかを考えて、関連性を持たせることで面接官に好印象を与えやすくなります。

求職者はお伝えした長所例を参考にして、志望する保育園や保育施設に、保育士として採用されるために自己分析をしっかり行い、自分と向き合って明確な長所・短所を考えるようにしましょう。

 

 


この記事の監修は

保育のせかい

キャリアコンサルタント  渡辺愛菜(保育士)

保育士として勤務をした後、一般企業も経験しその後、保育のせかいに入社。

自身の経験をもとに求職者の方々へアドバイスをおこなっています。

 

 

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

パンダこうとく保育園|神戸市北区【住宅手当や扶養手当などの諸手当が充実◎定員12名の小規模保育園♪】

住宅補助あり新卒歓迎賞与高めマイカー通勤

白鳩幼稚園|八尾市【久宝寺口駅から徒歩3分と好立地!年間休日120日、土日祝休みの幼稚園♪】

年休120日超月給20万円超駅近完全週休二日制

成和子供園|堺市中区【職員同士で協力し合う園!】

年休120日超月給20万円超高時給時短・扶養内

ぽれぽれ園

年休120日超月給20万円超新卒歓迎完全週休二日制

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. こどもの接し方
  5. 子育て 環境
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 赤ちゃん 夜泣き
  11. 子育て お金
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 保育ニュース
  16. 子育て したくない
  17. 保育士 移動
  18. 保育士 ユニクロ

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人