保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

2022.12.20

保育士は退職金がもらえる?もらえない?相場や条件を解説!

保育士 退職金

保育園で働く保育士は、私立保育園に勤める場合は一般企業の職員という扱いです。

つまり普通のサラリーマンと同様ということです。

公立保育園に勤める保育士は、地方公務員という扱いになり私立園と公立園では待遇が違ってきます。

退職金について言いますと、もらえる場合は金額や受給条件が異なり同じではありません。

毎月いただく給料の他にもお金がもらえたら、とても嬉しいですしありがたいですよね。

退職金は保育園を辞めたり、定年退職した後に次の仕事の準備資金として使用したり、生活に使ったりする方もいるでしょう。

ただし、全ての保育士が退職金をもらえるわけではありません。

今回は、保育士は退職金がもらえるのかや、相場・条件と振込はいつなのかなどについて解説していきます。

保育士は退職金がもらえるの?

社会人として働くようになると、毎月のお給料が入る楽しみもありますが、長く職場に勤めると貰えることがある退職金も気にしている保育士は多いのではないでしょうか。

しかしながら、すべての保育園や保育施設に退職金制度があるわけではないです。

保育士として、長い期間、一生懸命に仕事をしたとしても貰えないケースもあります。

そして、公立保育園と私立保育園では退職金制度にも違いがあります。

働き方によっても最初から将来は支給されない結果になってしまうこともあるのです。

アルバイト、パート、契約社員、派遣社員、など保育士は色々な雇用形態があり、自分で都合の良い働き方がしやすい環境ですが基本的に正社員以外は退職金は貰えません。

正社員の保育士として長年、働いていても雇用先の保育園や保育施設の方針や勤続年数、特別な手続きなどが関係して退職金が貰えないケースもあります。

 

保育士に関連する記事はこちら⇒保育士で給料高いところはあるの?その真実について解説!

保育士の退職金の条件とは

保育士が勤める保育園は、地方公務員扱いとなる公立保育園と、社会福祉法人によって運営されている私立保育園があります。

その他には、企業が運営している保育園があったりしますが、全ての職場が退職金制度を導入しているわけではないので、導入していないところはもちろん退職金は出ません。

退職金を貰える保育園の条件は、以下のようなものがあります。

公立保育園

公立保育園で働く保育士は、地方公務員扱いになります。

退職金が貰える条件としては、自治体の条例で定められた制度に沿って地方公務員と同じ様な金額が支給されます。

基本的には、地方公務員には退職金制度がありますから、退職金を受け取れるのですが正社員として勤続年数が1年以上必要です。

私立保育園

私立保育園に勤務する保育士は、一般企業の従業員扱いになります。

ですので、退職金の条件は各保育園の就業規則によりけりです。

就業規則に、退職金制度に関して触れていなければ退職金は現状、貰えないものと思っていたほうが良いでしょう。

基本的には、正職員かつ勤続年数が3年以上の保育士が対象になる場合が多いです。

保育士の退職金の相場は?

保育士の退職金は、離職前の給料、勤務年数、退職理由などによって算出されます。

つまり、退職する保育士ひとりひとり相場は異なるわけですが、勤務態度や職場にどれだけ貢献してきたのかも評価対象になるので金額はいくらと決めつけはできないわけです。

目安としてお伝えしますと、例えば公立保育園に15年間勤務している保育士で退職前に25万円の給料を貰っていたとします。

自己都合で辞めた場合、毎月の調整額が8000円×勤務年数15年×12か月=144万円です。

そして、退職金の基本額の310万円+調整額144万円=454万円となります。

こちらのケースの保育士ですと、退職金は約454万円貰える可能性があるわけです。

そこで、私立保育園に勤める保育士の退職金の相場をお伝えします。

基本的に私立保育園は、社会福祉法人が運営していて働く保育士は退職金共済に加入している人が多いです。

退職金共済に入っている保育士は、勤続年数に応じて退職金が貰えます。

例えば、私立保育園に15年間勤務している保育士で退職前に30万円の給料を貰っていたと仮定します。

自己都合で辞めた場合、退職金の基本額、調整額は同じではありませんが、上記の計算方式で計算すると約334万円貰える可能性があるわけです。

このように、退職金の相場は公立園、私立園で違いがあったり運営している企業によって異なります。

福利厚生が手厚いところは、一般企業と同額位の退職金を貰えるかもしれません。

しかし、小規模なところは退職金が少なくなってしまうこともあるのです。

保育士の退職金はいつ振込?

保育士の仕事を辞めて、別のところで働く人は活動費用としてや、生活を維持するための生活費に退職金を使いたいと思っていたりなど、使い道は人それぞれ違うものです。

退職金があるからと安心して、保育士を辞めたのに支給日がわからなかったり、ずっと後だったら困ってしまいますよね。

退職金がいつ振込されるのか、気になる保育士も多いのではないでしょうか。

退職金の支給日は、運営形態によって違いがあるので明確に期日はいつというのは断言できませんが、目安はあります。

だいたい、1ヶ月以内に退職金を受け取れる場合もありますが、遅いと3ヶ月位、時間を要するケースもあります。

職場を円満退職している保育士は、実際に退職金がいつ振込されるのか期日を退職してから改めて、勤め先に訪ねてみるのも良いのではないでしょうか。

何かトラブルがあったり、円満退職ではない場合は、わざわざ退職金に関して元の職場に聞くのは躊躇しますよね。

ソワソワやヤキモキしたりしている状態が続くと、新たな生活に気持ちを上手く切り替えにくくなるので注意が必要です。

自分でこのくらいの時期に退職金を貰えるだろうと安易に考えていると、肩透かしを食らって今後の生活に支障が出る恐れがあるので気をつけましょう。

退職金のある保育園で働こう!

保育士として働く場合、職場で退職金制度を導入しているのかしていないのか把握しておくのは大切です。

退職金の有無は、勤め先の就業規則・契約内容に基づきます。

それらの中に、退職金に関しての規程が記載されていない場合は、思い切ってどうなっているのか雇用先の方に確認してみましょう。

やっぱり、長く勤める保育士にとっては退職金のある保育園で働きたいですよね。

就職や転職をする時には、求人票に退職制度ありと記載されている場合は、退職金が貰える可能性が高いです。

ですので、保育士として働きたいと思っている人は、求人票を確認する時に退職金に関係する表記もチェックすることが大事です。

まだ働いてもいないのに、退職金のことを聞いてしまっては失礼なんじゃないかなと気にする方もいますが、将来の自分に関わるので恥ずかしがる必要はありません。

聞かぬは一生の恥、聞くのは一時の恥という言葉があるように、退職金のことが気になっているのにずっと聞かないまま過ごしていると、後々、後悔するかもしれません。

保育士の退職金のまとめ

保育士の退職金は、働き方や職場によって支給の有無があります。

保育士になったら、誰でも貰えるわけではありませんので、職場の就業規則・契約内容を確認したり、勤め先に退職金制度に関して聞いてみることが大切です。

退職金を貰える期日は、運営形態によって違いがありますが約1ヶ月~3ヶ月が期日の目安です。

退職金は、人によって、貰い損ねて後悔してしまわないように気をつけましょう。


この記事の監修は

保育のせかい 代表 森 大輔 

2017年 保育のせかい 創業。保育士資格・訪問介護員資格を保有。

2021年 認定こども園を運営する社会福祉法人の理事長に就任。その他 学校法人の理事・株式会社の取締役を兼任中。

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

ニチイキッズ南堀江保育園

住宅補助あり託児所完備福利厚生充実時間固定勤務

じゅじゅの森こども園

住宅補助あり新卒歓迎残業ほぼ無し福利厚生充実

ちとせこども園

住宅補助あり駅近新卒歓迎退職金制度

児童発達支援スマイル今里|大阪市東成区【給与25万円超え!駅から徒歩3分でアクセス良好◎福利厚生充実な定員10名の放課後等デイサービス】

月給20万円超駅近残業ほぼ無し福利厚生充実

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. 子育て 難しい
  4. 子育て 環境
  5. こどもの接し方
  6. 子育て 大変
  7. 夜泣き
  8. 保育ニュース
  9. 保育ニュース
  10. 子育て お金
  11. 赤ちゃん 夜泣き
  12. 子育て 楽しい
  13. 子育て ストレス
  14. 心がけ
  15. 保育ニュース
  16. 子育て したくない
  17. 保育士 移動
  18. 保育士 ユニクロ
  19. 保育士の相談窓口

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人