保育士・幼稚園教諭の求人採用募集、転職なら保育のせかい

保育士・幼稚園教諭のための就職・転職求人サイト

TEL0120-553-092

TEL

2022.10.21

保育士は年収1000万円可能?その事実について解説!

1000万

現在、少しずつではありますが保育士の給与は上昇傾向です。

国は地方自治体と協力しあいながら、保育士確保プランや処遇改善策などを実施したりと、保育士の賃上げに力を注いできました。

勤め先の職場で、キャリアアップを狙って保育士主任、施設長、園長などの役職者になることでも、年収アップが望めます。

保育士として働きたい、働いている人の中には年収1000万円稼ぎたいと、思っている人もいるのではないでしょうか。

今回は、保育士は年収1000万円到達は可能なのかと、その事実について解説していきます。

保育士は年収1000万円は可能?

結論から言いますと、保育士として職場での勤続年数が何十年もあって、昇給したりキャリアアップができても年収1000万円達成するのはかなり困難です。

なぜなら、現在の保育士の平均年収が厚労省の統計データで約382万円だと言われていて、仕事が成果主義ではないので一気に給与を大幅に上げるのは難しいからです。

保育士から年収1000万円に到達するためには、3倍位の年収アップが必要になります。

とても困難だと言えますが、全く不可能だとは断定できません。

キャリアアップを重ねたり、働き方次第では年収1000万円に大きく近づける可能性はありますし、給与は保育施設によって違いがあるので、実力と運を兼ね備えて成功するかもしれません。

保育士が、年収1000万円に近づくためには以下のような働き方があります。

園長になる

保育園や保育施設で、園長、社会福祉法人の理事長になれると、年収1000万円に近づける可能性があります。

園長や理事長の役職に就くには、色々な条件をクリアしなければいけないので、簡単になれるというわけではありません。

保育士の経験も重要ですが、管理職は業務内容がガラリと変わりますし、責任やプレッシャーも今まで以上に重くのしかかってくるので大変です。

経営側に回る

保育士は、保育現場で働きますが保育園や保育施設の利益を追求したり、経営戦略を立てたりなど広い視点で仕事をすることはありません。

雇われて働いていますから、給料は経営陣が決めた金額を受け取ることになりますから限界があります。

立場的に雇用主、経営者の方が上ですよね。

ですので、雇われの身ではなく保育施設を経営する側に回ると一気に年収アップできる可能性があります。

超人気ベビーシッターになる

年収1000万円を目指す保育士は、保育園や保育施設で働くだけしか方法が無いという固定観念を持っている人もいるのではないでしょうか。

富裕層の家庭のベビーシッターになって、給料の他にチップをたくさん貰い保育士は固定給という概念を取り払う方法もあります。

普通の一般家庭のベビーシッターでも、同じようにお金をたくさんいただける場合もあるでしょう。

指名される分、給与は高くなりがちなので保育士として働いていた時以上の報酬を、得られる可能性があります。

副業で頑張る

保育士を本業にして、副業で別の仕事をしてお金を稼ぐ方法があります。

副業は、本業に支障が出たり迷惑がかからない範囲でやる必要がありますが、自宅でインターネットビジネスをしたり、保育士とは全く関係無い業務に携わっても良いでしょう。

フリーランスとしての働き方もできます。

フリーランスなら、保育園や保育施設で働く場合、掛け持ちができるので複数の職場で仕事を行い、年収1000万円に近づける可能性があります。

自分で賃金の交渉を行ったりして、成果主義での働き方をすると、実力次第ではどんどん収入を上げていくことが可能です。

 

保育士に関連する記事はこちら⇒保育士は給料が上がる?処遇改善について解説!

保育士は基本的に年収1000万円は難しい

お伝えしてきましたように、保育士で年収1000万円を目指すのは難しいです。

働き方を変えることで年収1000万円到達できる可能性はあります。

自分で限界を低く決めてしまうと、当然、結果もそれなりにしかでません。

目標設定は、低いよりも高いほうが叶った時の達成感、充実感はとてもあります。

ただし、あまりにも到達までの壁が高すぎる目標を持つのは止めた方が良いでしょう。

目標や夢を叶えるまでの道のりが長すぎると、途中で挫折したりモチベーションが低下してしまい現状維持のままで終わってしまう恐れがあります。

いきなり年収1000万円という目標設定をするより、まずは年収500万円、実現できたら年収800万円など段階を踏んでいった方が成功体験をたくさん積めるので、自己肯定感が低下しにくくなります。

そして、年収1000万円達成したら、そのお金で自分は何をしたいのかまで考えておくことが大切です。

お金の使い道の5W1Hをよく考えておかないと、年収1000万円到達した時に満足して気持ちが燃え尽きてしまうかもしれません。

保育士で年収1000万円を目指すのは、難しいことに変わりありませんので、以下のようなことを考えて見て、それでも頑張りたい人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

平均年収を考える

保育士の平均年収は、厚生労働省の統計データで約382万円と発表されています。

もちろん、年々、賃金水準は一定ではないので平均年収は上がったり下がったりしていくでしょう。

保育士が年収1000万円を目指すためには、約3倍の年収が必要になる計算ですから容易ではないのが理解できるのではないでしょうか。

勤続年数が短い若い保育士ほど、賃金は低いですから1000万円の年収は理想と現実のギャップが大きいかもしれません。

保育士の国家資格を所持していれば、保育園や保育施設で働く以外にも色々な選択肢があります。

そして、給料は勤め先の職場によって違いがあるので、平均年収を大きく超える金額を貰えるところも探せば見つかる可能性はあります。

狭い視野で物事を見たり判断せずに、広い視野で年収1000万円達成に向けての働き方を考えていきましょう。

営業職みたいに成果主義ではない

保育士の仕事は、営業職みたいに成果主義ではありません。

例えば、今日は子供のサポートを何人したから、その分、手当がついたり給料に反映するということはないですよね。

ですので、一日単位で一気に給料アップさせるのは難しいです。

歩合制でもないので、この業務を行えば行うほど報酬アップに繋がるという仕事でもありません。

子供の命を預かり守っていくことが、保育士の義務なのですから命を物のように扱うのは間違っていますよね。

成果主義の仕事ですと、一気に大きな金額を稼ぎやすいので夢や希望が持てやすいですが、保育士はそうではありません。

上が詰まっている

園長、理事長になりたいと思って、キャリアアップを目標にしているライバル保育士も当然います。

管理職になる人は、誰でもがなれるわけではありません。

職員や幹部の人達から、推薦されたり厳しい人事評価を経たり、場合んよっては試験に合格が必要とされるでしょう。

つまり、管理職の仕事に対して適性を持っているか、責任、プレッシャーに耐えれて職務を遂行できる人物なのか見極めたうえで、任されているのです。

役職者としてずっと現役でバリバリ仕事をしている限り、上が詰まった状態になるので保育士がその立場になることは難しいです。

保育士年収1000万円のまとめ

保育士が年収1000万円到達するのは、現実的に考えてかなり無理があります。

しかし、絶対に達成不可能とは言えません。

保育士の国家資格を持っていれば、「ベビーシッター・園長・施設長・理事長」などの働き方も目指せるでしょう。

保育園や保育施設の経営者側に回ったり、副業するという選択肢もあります。

キャリアアップしたり、働き方を工夫すれば大きく年収1000万円に近づける可能性はあります。


この記事の監修は
保育のせかい 代表 森 大輔

2017年 保育のせかい 創業。保育士資格・訪問介護員資格を保有。

2021年 認定こども園を運営する社会福祉法人の理事長に就任。その他 学校法人の理事・株式会社の取締役を兼任中。

 

「役に立った!」と思ったらいいね!してね(^-^)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ求人

ポラリスこども園|大阪市淀川区【連続7日間の大型連休など充実の福利厚生!宿舎借り上げ制度利用可能!】

月給20万円以上高時給時短・扶養内住宅補助あり

三宮こぐまキッズ園|神戸市中央区【他園には無い充実した福利厚生!】

高時給時短・扶養内駅近・通勤便利新卒歓迎

あすなろこども園|尼崎市【就職お祝い金あり!他園には無い充実した福利厚生!】

高時給時短・扶養内駅近・通勤便利新卒歓迎

なんばサンフレンズ保育園|大阪市浪速区【月給20万円以上!年間休日121日!認可小規模保育園】

年休120日以上月給20万円以上高時給駅近・通勤便利

アクセスランキング

  1. 子守唄 おすすめ
  2. 子育て 問題
  3. こどもの接し方
  4. 子育て 大変

新着記事一覧

カテゴリ一覧

公式SNS

  • インスタグラム
  • facebook
保育士 求人