保育士・幼稚園教諭の求人採用募集、転職なら保育のせかい

関西に特化した保育士さんの求人サイト

TEL0120-553-092

TEL

保育ニュース

2018.10.25

転職して年収がアップできるのは一握り!?その理由を知っておこう

転職 年収アップ

転職をする理由でもっとも割合の多いものといえば、年収に関することではないでしょうか。

どこのだれもが、年収を下げたいと思って転職活動するわけではありません。

それは可能な限り、年収を上げたいもの。

しかし、全員が全員、転職したことによって年収がアップできるとは限りません。

では、なぜ年収アップはかなえられないのか。

どうすれば年収アップができるのかを考えていきましょう。

転職で年収が下がってしまう理由とは

転職するすべてのひとが、年収アップをするわけではありません。

逆にまったく年収が変わらなかったり、予想以上に下がってしまうケースのほうが多いといえます。

では、なぜ年収アップが期待できる転職で、それをかなえることができないのでしょうか。

異業種へのチャレンジ

そもそも、経験が活かせるであろう同業種や同職種に転職しないことが、年収アップを実現できない原因といえます。

つまり、未経験でスタートするためいわば新卒と変わりない待遇になってしまいます。

それは、イチから仕事を教えないといけないですし、仕事内容を知らないため即戦力として期待できません。

ですから、わざわざ高い給料を払って採用する必要はない、ということです。

逆に、いままで経験してきている職種や業種であれば即戦力として採用してくれます。

結果的に、年収アップも期待できるといえるでしょう。

経験不足は年収アップが難しい

同じ業界で経験をつみ、実績を残し、さらにマネジメントまでも行っていたのであれば、期待も込めて年収アップが望めます。

しかし、たったの1年や2年で転職してしまった場合、経験不足はいなめません。

短期間で退職した場合、絶対的な実績がない限り、年収アップは難しいといえるでしょう。

ネガティブな理由で転職している

転職のほとんどは、ネガティブなことが理由で行動しているのではないでしょうか。

それは、仕事がしんどかったり、人間関係がうまくいかなかったり。

理由はさまざまですが、前向きな理由で退職するのはそう多くはありません。

ある程度の経験をつんだのち、キャリアアップやスキルアップのために転職活動するのであれば、おおいに年収アップが望めます。

転職を繰り返している

年収がダウンする理由として、頻繁に転職を繰り返していることがあげられます。

経験が少なく、転職回数が多いようであれば、なにをどう判断していいのかわかりません。

いくら面接でいいことを伝えたとしても、やはり疑いの目からはいられてしまうことでしょう。

転職で年収をアップさせるためにやっておくべきこと

転職を決意したのにも関わらず、年収がダウンしてしまっては意味がありません。

転職に失敗しないため、年収をアップさせるためにはなにが必要なのでしょうか。

面接時に年収交渉をすること

いちにもににも、面接時にはかならず年収交渉をすることが条件です。

とはいっても、このような話はとてもタイミングが難しく、一歩間違えてしまうと内定すらもらえなくなってしまいます。

ですから、一次面接で交渉するのではなく、ある程度内定が決まりそうになったときに交渉してみるようにしてみましょう。

しっかり経験を積んでおくこと

面接で交渉する以前に、やっておかなければならないことがあります。

それは、しっかりその業種、職種の経験を積んでおくことではないでしょうか。

当然、全くの未経験にもかかわらず面接で交渉したところで、相手にされません。

むしろ、交渉したことによって採用されるものも印象が悪くなり、採用すらされなくなってしまいます。

年齢は関係ありません。

その人の経験値がものをいいます。

会話のなかで即戦力になると判断されれば、年収アップのための交渉ができるといってもいいでしょう。

在職中に転職活動を終わらせる

退職してしまってから転職活動をすると、無職ということもあり年収の交渉が難しくなってしまいます。

つまり、可能な限り在職中に活動を行い、条件交渉ができるような立場でいることが重要です。

いまはこれだけの年収があるため、御社ではこれくらいの年収があれば。

というような伝えかたもできます。

逆に無職ですと、比較する材料がなくなるため、企業側が提示した年収で受け入れるしかなくなってしまいます。

実力主義の会社で勤める

年功序列の会社はどんどん減ってきていますが、長く勤めていれば徐々に給料はあがっていくところは少なからず存在しています。

対して、実力主義の会社はどうでしょうか。

頑張れば頑張るほど、結果を残すだけその分が給料として反映されるわけです。

しかし、逆に結果を残すことができない場合は、予想以上の年収ダウンは避けられません。

ですから、その分野で大きく貢献できる自信があれば、おもいきって実力主義の会社へ進んでみてはいかがでしょうか。

結果を残すことさえできれば、給料も人生も激変します。

未経験でも給与がたかい業種にチャレンジする

未経験だったとしても、すべてのひとの年収がダウンするというわけではありません。

業種によっては、もとから基本給がたかい場合もあります。

もし、自分の働いている業界の平均年収が低いようであれば、そこから抜け出すためにも異業種にチャレンジすることも大切です。

最初は下積みということもあり、大変ですが、数年後のことを考えてみたらどうでしょうか。

極端なはなし、1年目の年収が前職と同じだったとしても、2年後3年後と差ができたとしたら、未経験でも転職する価値があるといえます。

転職エージェントに頼ってみる

どうしてもひとりで年収交渉が難しいようであれば、転職エージェントに頼ってみることをおすすめします。

転職エージェントは、無料で利用できる転職支援サービスです。

そのサービスのなかでも、もっとも嬉しいことが、年収交渉をかわりに行ってくれることです。

事前に面談を行い、希望年収をつたえることで、それに近しい求人を探してくれます。

また、希望年収に届かないような求人であっても、企業側に交渉を持ち掛けてくれます。

つまり、自分は何もしなくてもいいということです。

転職で年収が下がっても得られるものがある

実は、転職で年収がダウンしたからといって、悲観することがないケースもあります。

それは、プライベート時間が確保できるのかどうかではないでしょうか。

たとえ高給取りであったとしても、毎日出社がはやく、帰宅が遅いのであれば、お金を使う時間もありません。

ただ資産は増える一方です。

しかし、プライベートの時間を失ってしまい、もはや何のために仕事をしているのかを見いだせなくなることでしょう。

逆に年収をダウンさせたことにより、責任も軽くなり負担が大幅に減るというわけです。

転職活動をする場合、そのようなケースで進めるひともいることは事実。

すべてがすべて、年収アップをすればいいということではありません。

自分の時間をとるのか、忙しくても給料をとるのか。

それは自己判断して正しい方向へ進みましょう。

まとめ

転職で年収アップをすることは、いちぶを除いてほとんどのひとが望むことです。

しかし、それは面接でいいだしづらかったり、自分の実力に自信がないために、そのままの提示で入社してしまうものです。

それでは、せっかくの面接が台無しになってしまいます。

どうせ転職するなら、利用できるものは最大限利用して1円でも多く年収アップできるようにしましょう。

求人相談のご希望はこちらまで

あなたのご希望をお聞きして求人をご案内。面談や見学、
入職日等の交渉までアドバイザーが徹底サポートいたします!

求人相談のご希望は
こちらまで

あなたのご希望をお聞きして求人をご案内
面談や見学、入職日等の交渉まで
アドバイザーが徹底サポートいたします!

おすすめ求人

菊水幼保こども園第一(2019年4月入職可)

月額20万以上入職時期相談可能時給高め時短・扶養内

・2019年4月の入職も可能です!
・東大阪市、駅徒歩8分
残業少なめですが、月給20万以上!
・パート時給1200円以上!(時間帯によっては1500円!)
・職員同士で協力し合う良い雰囲気があります!

フェアリールーム天六園

入職時期相談可能時短・扶養内駅近な園新卒

「天神橋筋6丁目駅」徒歩3分の認可小規模保育園

川添こども園/天川こども園(高槻市)

月額20万以上住宅補助あり社会福祉法人

高槻市、「富田駅」「高槻駅」にあるこども園